MISS Wedding net

海外リゾート 編集部ブログ | 2016.02.18

「デュシタニ グアム リゾート」が誇る、スパ大国タイのDNAを受け継ぐ「テワラン スパ」

タイといえば、言わずと知れた“スパ大国”。タイ発祥のラグジュアリー・リゾート「デュシタニ グアム リゾート」は、青い空と美しいビーチが広がるグアムに居ながらにしてタイ・クオリティのトリートメントが受けられる最新のラグジュアリーホテルです。

「デュシタニ グアム リゾート」が面しているのは、遠浅の海が広がる、ホワイトサンドが美しいタモン・ビーチ。

image001

image005

image003

グアムの自然の美しさと、タイのスパの心地よさが見事に融合しています!
トリートメントは、タイの伝統的なヒーリング・セラピーと、西洋の施術を組み合わせた“east meets west”がテーマ。オイルマッサージのほか、グアムに伝わるマッサージからインスパイアされたスペシャルマッサージをはじめ、私たちがよく知る“タイ式マッサージ”も受けられます。

image009

image007

使用されるスクラブやオイルは、タイのフレッシュハーブを使用したオリジナル。このマッサージオイルが実に素晴らしく、体に気持ちよくすーっと浸透しながらも、施術中は引っかかりもなくとてもスムーズ。施術後はべたつかず、拭き取る必要ゼロで肌はしっとり。お土産に購入できます。

image011

施術後は、モンゴル産の岩塩が壁に張られているリラックスルームで、ジンジャーの風味が効いたオリジナルティーをいただきます。正面の壁がモンゴル岩塩。モンゴルでは健康によい塩として、食用だけでなく、湿布やうがいにも使われるそう。浄化や癒しの効果もあるとされています。リラクシングチェアに横たわると、あまりの心地よさに、熟睡。スパに予約を入れたら、その後のスケジュールは空けておいた方がよさそうです。

すっかり体が軽くなると、お腹が空いてしまいますよね。「デュシタニ グアム リゾート」には、インターナショナル、タイ・キュイジーヌ、イタリアンなど、4つのレストランがあり、どこも困ったことに(?)とても美味。スパでデトックスしたのに、毎日3食、日本にいるときより食べてしまいます。

image013

モダンなタイ・キュイジーヌがいただける「ソイ」。インテリアもシックです。

image015

image017

「アルフレードズ トスカーナ ステーキハウス」では、自家熟成ビーフのステーキ、手打ちパスタなどがいただけます。イカスミのパスタとステーキをいただきました。ミディアム・レアでお願いした焼き加減もばっちりです。

image019

さらに困ったことに、すべてのレストランで供される自家製パンがおいしい!どの時間帯のどのレストランでも、常に焼き立てのおいしいパンが用意されています。チェックアウト後、カフェ「デュシットグルメ」でパンやサンドイッチ、スイーツをテイクアウトすれば、飛行機の待ち時間や機内でも楽しめます。

美しい海、ほぼ全室オーシャンビューの快適な客室、素晴らしいスパ、おいしいレストラン。日本から約4 時間で行ける「デュシタニ グアム リゾート」には、私たちがヴァカンスに求めるすべてが詰まっています!

SHARE

BOOKS & MAGAZINES